リフォームをする前に理想の住まいをイメージしよう

フレッシュハウスとは

フレッシュハウスは、リフォームを請け負う会社としてスタートしました。テレビ番組の企画でも優勝するなど高い技術力を備えています。自宅の環境を整えるのに大きな力となるのがフレッシュハウスです。

learn more

換気扇交換について

換気扇のメンテナンスを怠っていると様々なトラブルの原因となります。換気扇工事を行なう際には、電気工事の資格が必要になるので専門の業者に委託するようにしましょう。

learn more

快適に過ごすために

近年、バスリフォームを容易に行なえる様になってきました。バスをリフォームする際には、様々な機能があります。浴室暖房やミストといった昨日を浴室に備えることでより快適に入浴できます。

お風呂場を綺麗に

お風呂場はカビなどの汚れが発生しやすい場所です。汚れがつきにくく快適な状態を保つリフォームとして、コーティングが挙げられます。コーティングを行なって掃除の手間を省きつつ綺麗を保ちましょう。

壊れた家具は直す

思い入れがある家具が壊れた場合に、簡単には捨てられません。修理を行なうことで愛着ある家具を使い続ける事ができます。家具修理を行なっている業者に委託して大事な家具を使い続けましょう。

人気の住宅メーカー

フレッシュハウスの見積ナビは簡単で早いです

フレッシュハウスは、1995年に有限会社として設立され、主な業務内容はリフォームに関することです。 リフォームするにあたって、不安になる価格のことも無料でできる見積システムがあるので安心できます。 たった90秒で、できるのです。 インターネットさえつながっている環境にあるなら、ホームページを検索してください。 ホームページ上には、他にも場所別にかかる費用の相場が説明されているので、そこも見ておくと参考になります。 低価格帯と高価格帯とその中間の価格帯も、説明されているのですが、どれくらいの費用をかければどのくらいのリフォームができるのかを素人にもわかりやすい説明で載っています。 リフォームの事例も、戸建てとマンションと物件の違うものをそれぞれにかかる費用が載っているので、イメージがしやすいです。

設立当初から躍進し続けたのです

フレッシュハウス設立当初の、1995年には会社といってもわずか3帖の間取りでした。 翌年には、社屋移転という嬉しい出来事もあったのです。 といっても、向かいの10帖ある事務所へと異動しただけですが、従業員も増えてきました。 さらに翌年になると、株式会社フレッシュハウスへと格上げすることができ従業員数も7人になります。 2000年を、前後する頃には各地に営業所も開設でき2001年には、本社も移転することになるのです。 会社としての体裁も整い、お客様も呼べるようになりました。 年間売上高も、16億円と順調に伸びて従業員数も70名弱という驚愕的に、大きくなったのです。 さらなる躍進を爆走中の最中に、社長が病気で入院するという出来事もありました。 2005年の9月には、無事に退院し現在はより良いリフォームをするべく更なる努力を重ねているのが、フレッシュハウスなのです。